これなら毎日出来そう!ほうれい線のしわを目立たなくする3つの方法

2016年3月12日

口のまわりの筋肉を動かす

頬をぷくっとふくらませてふぐのような口の形にして、10秒間ほどその状態をキープします。この動作を、朝と晩に1回ずつ行うようにしましょう。ぷくっとふくらます際に重要なポイントは、頬の筋肉が張るぐらい思いっきり息を中に入れる事です。すぐには効果は期待出来ませんが、次第に頬のたるみがなくなり、ほうれい線のしわが目立たなくなってきます。朝の通勤途中や、夜の寝る前などいつでもどこでも簡単に出?葬なので、試してみましょう。

固くなった表情を柔らかく解そう

大きく口を開けてゆっくりと「あいうえお」と発生します。それぞれ発生した後、5秒ほどその状態のままキープしておきましょう。次に目を細くした状態で眉の間に力を入れていきます。そして口をすぼめた状態にして「う」を発生します。この時のポイントは、顔の真ん中に全てのパーツを寄せるようなイメージをする事です。次に目を大きく開きながら「パッ」と発生してみましょう。この時笑い顔を作るようにすると、頬の筋肉に刺激を与える事が出来ます。これらの動作を各3回繰り返すようにして、毎日行います。

舌を動かしてほうれい線に刺激

口の内からほうれい線に向かって舌を押し当てた状態で5秒間キープします。この動作を左右行い、朝と晩に1回ずつ行うようにしましょう。この動作に慣れてきたら、ほうれい線に沿うように舌を動かします。その際に人差し指のはらの部分をほうれい線にあて、舌と指でほうれい線をはさむようにしてそっとなぞっていきます。何度か繰り返し行う事によって、少しずつほうれい線のしわは目立たなくなってきます。これも簡単に出来る方法なので、積極的に行うようにしましょう。

様々な予防法は出てきていますが、シミやしわは年齢と共に増えるものです。隠す事に躍起になるのではなく、年齢を重ねる美しさの表現として楽しむ事も大事です。

小顔はこちら
たるみの記事