ストレスなく矯正!目立たない歯の治療方法

2016年1月20日

裏側矯正をしてみよう

歯の裏側にブラケットを装着して矯正する施術を裏側矯正といいますよ。この方法は本来表側に取り付けるブラケットをうらがわにt取り付けて行うため、ストレスなく歯並びを治すことができるのです。周囲の人からも気づかれることなく快適に治すことができるので、他の人に歯並びを改善する施術をしていることがばれずに済みます。また裏側にブラケットを取り付けると虫歯になりにくいというメリットもあり、舌癖を改善することも可能です。

マウスピースで矯正することも可能

マウスピースを使用して矯正する施術をマウスピース矯正と言い、こちらは透明のカバーを歯の上に取り付けて矯正します。透明になっているので周囲から気づかれることなく、快適に治療できるというメリットがあるのです。さらにこのマウスピースは取り外すことが可能となっており、歯を磨く時などは取り外して歯磨きを行えますよ。他にもごはんを食べる時などに外すことも可能で、状況に応じて取り外しが行える便利なものなのです。

審美ブラケットというものもある

通常歯の表面に取り付ける金属ブラケットは金属で出来ているので、非常に目立ちますよね。しかし審美ブラケットは透明のパーツを使っているので、非常に目立ちにくい仕様になっているのです。これは非金属を使っているため、金属アレルギーのある方でもアレルギーを気にすることなく使えますよ。非常に多くの歯並びに対応できるというメリットもありますが、通常の金属ブラケットよりも少し高めの費用が必要になるのです。これらのブラケットは予算に応じて選びましょう。

歯科治療の分野でも医療技術が進み、金属を使用しないオールセラミック治療が広まっています。金属にアレルギーのある人にも適しており、金属の劣化によるデメリットも少なくて済む治療方法です。